https://www.youtube.com/channel/UCURsDYjWWEbMvAJLllYp7tw

仕事

褒めることを恥ずかしがる上司ってどうなのか?!信頼関係の作り方

  1. マスハマブログ >
  2. 仕事 >

褒めることを恥ずかしがる上司ってどうなのか?!信頼関係の作り方

雇われ社長とはいえ部下を褒めずに

モチベーションを高めることが

継続できるのでしょうか?

恥ずかしがらずに、カッコつけずに

皆を高めてほしいです

仕事でスキルアップの為にセミナーに行かされたけど上司ができてないって、、、

会社は社員のことを思って時間を作り

人間成長のため、セミナーに参加させ

他業種との交流を試みて「何か」を得て

帰ってもらいレポートを提出、報告をします

私が今まで参加したセミナーは

大抵結婚式場のよう円卓が分かれていて

まずリーダーを決めて一つの円卓に

5、6人座り全く知らない会社同士で出された問題

  • 従業員のモチベーションを上げるには?
  • 人に教えるときはどうする?
  • 会社の経営理念は?

など、

に対しディスカッションします会議でプレゼンをする人のイラスト(女性)

価値観が人それぞれなのでいろんな意見が出て

最後はリーダーがまとめて発表すると言った形です

最初の頃はまだ若く考えも浅はかなので

大した意見は出せませんでしたが、

こう言った機会はあまりないので恥ずかしがらずに

思ったことを言い合うほうが

人間的に成長ができると思いました

普段は飲食店で割烹着を着て作業ばかりしていて

スーツなど着ることなく、名刺交換などの仕方も名刺交換をする中年サラリーマンのイラスト

知らずに参加したのでかなり緊張したのを

覚えています

感じたのは ”引っ込み思案”  な方だとただの

苦痛な時間になりますね

セミナーは大体が

ココがポイント

「従業員(パート、アルバイト)を大事にしよう」

といった内容が多いのでノートに書き

仕事で意識するように努めます

帰って管理者の会議などで

皆に報告し今後に活かすなどを誓います

会社組織としては事業者なので

自分が動くのではなく社員に動いてもらって

活性化してもらうのは当たり前のことですお金のために頑張る会社員のイラスト

しかし私は違和感を感じました

「社員は従業員を大事にしよう」

とは言いますが、

幹部の方は社員を大事にしてますか?

です

社員に対し、どこかの政治家のように

”良いこと” をいうのはわかりますが

抽象的でどっちとも取れるような

曖昧で分かりにくい説明をされても

やる気は出ませんた。

だの陰口ではなく

  • 普段から会話や交流がない
  • ボーナスが全くない
  • 仕事量が増えていく一方

が続いていると頑張りたくても

すぐに萎えてしまいます

現場で働く中間管理職は肌で感じる

飲食店というと誰でも働ける

イメージがあると思います

面接

  • 笑顔が全くない
  • 前職の悪口
  • 履歴が多すぎるなど

余程の問題がないと実際は働けます1対1の面接のイラスト(女性)

そして私が働いているお店は

大手の入社マニュアル的な物がなく

手探りで作成してきました

ですからお店の雰囲気がいい時期と、

悪い時期があるのはその時々の運でもあります

長いこと店長業務をしている私は

いろいろ経験させていただきました


  • 上司から言われたことしかしない時期
  • 自分本位でしか考えない時期
  • 従業員の顔色ばかり伺う時期

どうしても中間管理職は

上から言われ↔下から言われ

とどちらの希望も聞かないといけない立場で働きます

 

1、月一の会議にて報告の際は詳しく説明します

「この原価の割合が高くなっているのは何が原因?」

「人件費もっと抑えれるでしょ」

などは2大コストがほぼ占めているので

重点的になりますコストカットする侍のイラスト

原価は下げすぎても商品がしょぼくなっては

価値が下がるし、

労働時間も削りすぎては

P/A(パートアルバイト)さんも離れていきます

2、「店長は厳しいくらいが言うことを聞く」

と思っていて

何でもかんでもキツめに当たっていたら、

最初はハキハキ聞いてくれるのですが

P/Aさんも聴き慣れていくうちに

「ハイハイまた言ってる、、、」

程度になって逆に動かなくなっていきました

3、それからは考え方が変わり

社員は少なく大半がP/Aさんだから

「皆の意見を聞いて回ろう」

となって聞いていく立場になっていきました

最初はかんたんにはいきませんでしたが

普段から ”聞く立場” を心がけていくと

不思議と話しかけてくれるようになったのです耳に手を当ている男性のイラスト

そして聞いた後は自分の意見、

他の意見などまとめて

”より良い答え”を選択し

行動していきました。

すると聞いてくれた従業員さんも実行してくれて

環境が変わっていくのを感じると

楽しそうに働いてくれるようになったのです

作業を覚えた従業員を評価する

教育で徹底しているのが

  • やってみせる
  • やらせてみせる
  • 評価する

です。

若い頃は教えるのが正直面倒臭いって

思っていました

当時はまだ 「見て覚える」 という風潮があり、

厳しく育った私は

手取り足取りなんて生温いって思っていたのですが

あるとき、いつものように

全部は説明せずに教えていると

いくらたっても覚えれない人は覚えれないんです寿司の握り方を教える人のイラスト

細かくは説明しにくいのですが

その人にあった説明の仕方

あるのです。

違う切り口で コレがダメならこの説明でと、

その人その人にあった教え方が必要です

コレは経験していくとよくわかると思います

その後、作業を覚え成長してくると

今度は教えたほうが評価されます

いい加減に教える→「他の人はここまで説明してくれた、、、」

理解できるまで教える→「説明が分かりやすかった!」

と、教えられる方➕教育者 →関係が良くなる。

逆に自分が教えられる方で考えてみると

分かりやすいと思います重圧に苦しむ人のイラスト(男性・人間関係)

「自分だったらこう説明してほしい!」

「自分の大事な人がいい加減に説明されたら嫌だ!」

とか思っちゃいましたね

ココがポイント

教育 = 思いやりも大事だと思います

信頼関係ができていく

こうして教えたり、教えられたりと言った

サイクルを重ねていくと良い関係

少しずつ築けていけます集合している人たちのイラスト(世界)

もちろん普段からちょっとした

プライベートな話なんかも加味して

いくとより相手を思いやる

できていくと思います

この当時思いました

「店長って機械でいう、潤滑油みたいなもんだなぁ」

皆の能力をうまく動かしていく為に自分がどう動くか!

って思いながらやっていきました。

すると不思議なことに売り上げが上がっていくのです。

最初はびっくりしました商店街のイラスト

経営の数字的なことでなく、

人間的な部分を強化するとこんなことが

起こるなんて驚きです

最初は ”信頼されたい!”  

って思っていたわけでなく

”楽しく働いてもらいたい!”

の方が強かったので

「つながるんだなぁ」

と感じました

やってきた人のみぞ知る貴重な経験です

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

マスハマ

1975年10月25日生まれ。何もないことで有名な島根県民。そんな訳で?家族が離散し娘と二人暮らしの生活【店長、ブログ、YouTube兼任おやじ】

-仕事

Copyright© 不死(父子)家庭やらなきゃブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.