https://www.youtube.com/channel/UCURsDYjWWEbMvAJLllYp7tw

飲食店

入社された方に必ず確認と準備するもの10種と事務所に伝えておく内容とは?【法人用】

  1. 挑戦ブログ >
  2. 飲食店 >

入社された方に必ず確認と準備するもの10種と事務所に伝えておく内容とは?【法人用】

 

管理職をされている方は

新たに入社された方の準備をすることが色々とあります

パッと思い出すだけでも

  • 履歴書
  • 制服
  • タイムカード

 

など、すぐに思い当たることがあるかと思います

はぁ 準備物多いなぁ…

ってため息ついてる店長さんも多いのではないでしょうか?

 

今回は管理職の方へ、と これからきちんと管理職を遂行していく方へと

新たに法人を構えて経営をしていく方は、入社してもらう人に対して必ず控えておきたい内容をお伝えします

私は雇われで店長をしていますので毎回入社された方のものは必要書類を控えるように教えてもらいました

この記事で見落としなく、そして法律的にも問われた時に慌てないように

してもらえるために記事にしてみました

結果的に働いてもらう方から色々問い詰められた時にも役立つ内容になる思います

よかったらご参考ください

必要書類等10点とは?

正直、昔はそんなに準備することはありませんでしたが

時代が代わりました

お互いに承諾しあって雇用して雇用されての中でも

問題は起こしたくありません

ただでさえクレームが多い時代

後々問題になることは避けたいので必ず用意しておきましょう

必要書類7種類

大まかに必要になるのは

雇用者を証明できるものです

  • どんな人?
  • 嘘をついていない?(疑いたくはないですが一応)
  • きちんと提出できる人?
  • 入社してから問題が起きたら「約束しましたもんね?」と問える

などの証明になる書類です

そもそもこれが提出できない人は雇わない方が無難です

こんなの面倒臭い!

って言う人は入社しても問題を起こす可能性があるので注意しておいてください

履歴書

これは今まで働いたことがある人は書いたことがあると思います

今までの履歴を知るわかりやすい書類

これをみて面接で判断する大きな材料です

処理が終わり次第、事務所にFAXしてお知らせしましょう

 

私がしている面接内容は

前回ブログにもあげたのでよかったらご参考ください

↓コチラ

コレから面接をしていくあなたへ!面接をするときの注意点と見逃したくない項目

マイナンバー

国から与えられた個人の番号

世帯主であればすぐにわかると思いますが

子供であれば親に必ず聞いてもらいましょう

生涯使うもので大事なものです

アルバイトだからそんなのいらないでしょ?

って思う方!

今の時代は必要なんです

詳しい大人は知ってると思いますが事務処理をするのに必ず必要になってきます

そして自分が過去にしてきた証明にもなりますので必要なんです

隠しておいてもダメ

後でバレてしまう後ろめたさを持つ生き方はやめておいてください

そして提出しないと法律違反!?ってことはありませんが退職した時点で廃棄されるようになっています

何よりも事務員さんが困るのでダメですよね

マイナンバーを聞いておく理由って?

国税庁のホームページにあります

源泉徴収など事務処理を行うときに必要になってきます

簡単に言えば法人が決められた処理を行う際に必要になってきます

そして事務所にFAXは厳禁!!!

電波でもし他に渡ってしまったら大変です

誤って知らないFAX番号に送ってしまったら大惨事になるかも?

なので

必ず手渡しで行いましょう

銀行口座

先ほど触れたように

お給料は振り込みます

手渡しで行っている会社は必要ありませんが

従業員が多いところは処理する手間(封入したり書いたり)が省けるし

無駄な経費と労力は使いたくないですからね

わかり次第お給料を振り込みますのですぐにお知らせしてください

事務所にFAXです

住民票記載事項証明書

本当に地元の人間ですか?

って証明です

これで嘘をついたら問題でしょ

これは事務所に提出は不要

店舗で預かっておいてください

入社誓約書

面接の時はいいように言っていたけど

入社するなり人が変わったようになってもらっても困ります

今の時代は簡単に解雇できないんです

雇う側より雇われる方が強いんです

なのでここは慎重に吟味する必要がありますし

ちょっとでも不安点がある人は面接の時点でお断りしましょう

私も過去に失敗して家に呼ばれて監禁状態で脅された経験があります

(今思えば相手は犯罪行為でした)

身元保証書

学生などには必ず必要です

親の承諾をきちんと得ているか?

最悪、

子供が親の文字と偽って記入されても困ります

親の許可なく働いて後で親が文句を言ってきたらまた面倒なことになります

子供である以上親の承諾が必要な保護下にあるのでもらってください

これも事務所に提出は不要

店舗で預かっておいてください

私の過去の失敗談

子供が親の許可を得たと直筆で親のフリをして履歴書を提出

1日ほど働いてもらった次の日に両親がお店に来られて謝罪されました

まだ中学生の我が子が問題児だったらしく怪しい行動を見張っていたら判明したそう

私もてっきり高校生と思い込んでしまった経験談です

雇用契約書

これは簡単に言えば

会社と個人の契約書

  • こういった時給で
  • 何時から何時までの契約で
  • 休みの希望(当時)やいつまで働いて

など一般的な内容を約束します

これは必ず事務所にFAXしますが手書きの本書は本人にお返しします

お互いの確認になるのでお渡ししてください

準備物3点

これは普段から必要になってくるもの

いくら事務処理で必要といっても

まずはこれがないと働けないので

いの一番に用意しておくものですね

タイムカード

打刻してお給料の計算で必要です

 

制服

仲間

決められた作業着で働いてもらいます

綺麗なものを用意しないと自分が本人だったら?

も考えておきましょう

出勤簿

シフトです

入社が決まればあらかじめ出勤時間が決められます

本人も予定があると思うので最初に忘れずにお渡ししてください

まとめ

準備は大変です

しかし店長として任された以上はきちんと提出しないと

事務員さんも困るし会社も困ります

後に自分の信用問題にもなります

もし雇われたのが自分自身だったら?

ってことも思うと法的にも困らないようにきちんとやることはやっておきたいですよね

面倒でも一つ一つが大事です

正直、昔はそんなことまでする必要はなかったですが

時代が代わり

お給料は手渡しではなく銀行口座に入金して安全になり手間も省けるようになりました

って言ってるうちにお金事態を使わなくなる時代もやってくるのでしょう

全てがスマホやカードで終わってくる時代になるのも時間の問題でしょうね

そして

もし雇用主と雇われる側に何かしら問題が出てきたら今回の書類が

証明になるのでやることはきっちりとやっておきましょう

もし自分が経営者になっても必要になってくると思います

 

以上 参考になれば嬉しいです

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-飲食店

Copyright© 挑戦ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.