店長

飲食店で働こうと思うあなたへ|誰でも入社できるけど仕事内容と職場環境ってどうなの?

 

どっかでバイトできないかなぁ
やるなら楽しくて賄いがあれば助かるなぁ
いろんな出会いがあるんだろうなぁ

 

なんて思われている方が多いのではないでしょうか

かく言う私も安易な気持ちで飲食店でアルバイトをしたり

社員になって店長になってと色々な経験をしました

中でも主にここは心得ておいてほしい内容をざっとまとめてみましたので

よかったらご覧ください

今から飲食店で働く人に知っておいてほしいこと

最初から厳しいことを言うようですが

作業は決まっているので早く覚えて力になるように努力することはもちろんですが

何と言っても人間関係が一番心に響きます

結局は人間同士で色々な性格を持っています

十人十色って言うくらいですので

あっこの人合わないタイプだなぁ

なんて当たり前の世界

これははっきり言って飲食店だけに当てはまることではもちろんありません

血液型で性格がざっくり決まっているわけでもないんです

血液型の話になったらB型の人が一番盛り上がる気がする(偏見です)

 

入社したら

まず初日は緊張します

作業を覚えるだけでも気を使うのに

全く知らない人たちの中に入って全て初めてのことをするのですから

体が強張ってきて疲れます

経験された方は感じるのではないでしょうか

そして今は昔と違って入社の時に色々な手続きがあります

  • 給与振込するのに銀行の口座だったり
  • 履歴書をしっかりみられて詐称がないか確認され
  • 制服を貸与されきちんと管理するように言われ
  • タイムカードを説明
  • 各種のサインをすること
  • 守ることを説明

 

これらは会社側にとってしておかないと

もし嘘があったり後で問題が起きて法的なことになれば説明できるようにしておかなければなりません

この時点で断ればそもそも初日から働けないでしょうが

作業

これも飲食店に限らずどこの職場でもそうでしょうが

とりあえず言われたことは守って

どんどん覚えていきましょう

なぜそう言うことをするのか?

なども考えるとより理解が早まると思います

結果的に相手が喜ぶことを率先してやる(お客さん)

自分はそれをサポートするお手伝いをする

経営者や管理職ではないので謙虚な態度で行ってください

最初から印象が悪いと悪影響を与えます

ご注意を

なれてきたら

車の運転もよく言いますが

なれてきた時が一番危ない

なれが生じて作業がいい加減になりがちです

自分はできるから

っていう過信が出てしまうのが人間

そこに心が入らなくなってきます

そして表情の表れます

お客さんは感じ取ります

印象も味わうことの一部だと思っています

美味しく食べるのは個人ですが

しかめっつらで見られて美味しく感じるでしょうか?

(今はタッチパネルで対応しないところが多いですが…)

初志貫徹

 

↓私は本で心が動きました

 

(タバコも実際禁煙セラピーのおかげもあって成功しました)

 

慣れから来るので

車であれば一瞬にして命を落としてしまう危険があります

基本は大事なんです

人間関係

今までの経験上

やっぱり結局はここに辿り着き

気のあった仲間たちが集まれば大体

あの人にこんなこと言われたの
あの人ムカつくわ〜

などの会話が絶えません

作業能力

能力は人によってバラバラです

生まれてきた環境も性格も違った当たり前です

人それぞれの個性があって然り

そんな中で

私が感じるのは大まかに

❶作業が丁寧な人

遅い

❷作業が早い人

って感じます

しかも❶の人は要領が悪くて❷に嫌われる

そして❷は要領が良くて❶から嫌われる

ってイメージが強いですね

どっちもどっちですが中間の人は稀な気がします

些細なきっかけ

大したことのないことが

大掛かりなことになることもあります

作業内容で

一方は

こうしてくれたらいいのに…

相手側も

一言言ってくれたらいいのに…

と一方通行でギクシャクしたり

話したくないから話さない

など

まさにコミュニケーション不足です

相手を思いやって気遣いがお互いで出来ていればこんなことにまで発展はしないはずです

 

言い方と捉え方

作業にて

お願いするときに命令形だといい気持ちにはならないですよね

私はお願いするからには年上年下先輩後輩は関係なく

丁寧語で伝えるべき

と思っています

される側にとってもいい気はしないはずでしょ

無表情でぶっきらぼうに言われた方になればわかるはず

お互い様で

「気づいてくれよ!」

もあれば

「気づくように伝えてくれよ!」

ってお互いでいい感じにはならないスパイラルに突入してしまいます

そこで解決するのが中間管理職の店長だったり

各部署の上に立つ管理者です

中間管理職

まさに私がここに当てはまりました

些細なことでも困ったことでも店長に声がかかります

店長はまさに

精神科医、先生の代わりです

店長の上の幹部の方は現場に常にはいないのでそんな状況だったり

その瞬間に解決していかないといけないこともいちいちどうしたらいいのか聞いていられません

行く先にはAさんとBさんが揉めていたとしたら

お互いが

言った、言わない だの話が続いても解決しません

その時は店長を挟んで3人で話しましょう

そのほうが早いし伝え合えやすい

片方ずつの話を聞く時間も削減される

人の感情の話だから面倒でも従業員さんが嫌な気持ちで働いてもらっては困るので

先頭を切って解決に導きましょう

↓この本も心が動きました(そして読み終わっても手に汗握っていました)

 

コレ!

って言う答えはその時の問題を咀嚼してお互いがいい方向になるように話し込むしかありません

その時に完全に解決しなくても長い目で見て良くなるようにしていくことも手です

人の心なんて簡単に変えることなんてできないし

店長だからってそんなおこがましいことはできるわけありません

責任を任されているのであればやっていくしかありません

しかし

コレも店長にとってはストレスであり人間関係に疲れる原因でもあるんですよね

 

↓総合的に一番心が揺さぶれた本がコチラ

 

私はこれで独立を決心し実際に2022年6月から個人事業主となってスタートしています

-店長

Copyright© 成せば成り得るブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.