https://www.youtube.com/channel/UCURsDYjWWEbMvAJLllYp7tw

お寿司

お寿司のはじまりとは?どうやってお寿司ができたのかを調べてみた結果とは

  1. マスハマブログ >
  2. お寿司 >

お寿司のはじまりとは?どうやってお寿司ができたのかを調べてみた結果とは

最初のお寿司は腐ったフナ!?

炊き上がったお米(穀物)いろいろなお米のイラスト(米)

と塩に塩・食卓塩のイラスト

川にいるお魚のフナフナのイラスト

を混ぜ込んで

発酵させてできた腐らせた保存食

だったんです

なんと1年間も保存できてたそうです!鮒ずしのイラスト

お米は原型が残ってないそうで塩辛に

近い感じ。お寿司と言った感じじないですね

●発酵して作った寿司 → なれずし

乳酸を利用した酸味です(このフナ寿司)

馴れ寿司とか熟寿司って書くらしい)

●お酢を加えて作る寿司 → はやずし

酢酸を利用した酸味です

(早や寿司って書くらしい)

との事です

馴れ寿司で他にも

かぶら寿司っていうのもあります!

かぶら寿司

お野菜のカブ(かぶら)にカブのイラスト(野菜)

お魚のブリブリのイラスト

を挟んで乳酸発酵させて

作りますかぶら寿司のイラスト

こんな感じです。乳酸なのでヨーグルト

っぽい感じといったらわかりやすいで

しょうか?

はや寿司

はやずしはお米に酢を混ぜて酢飯として

簡単にできるようにしたのが

江戸時代からだそうです

文字通り早くできちゃいますね

握るのもあっという間に握れます

最高の握り方

長年お寿司を握っている私が言うのも

なんですが以前(昔)は握り方のこだわりで

シャリの中に空気を入れて

口の中に入れた瞬間にほどけるくらい

の握り方が最高なんだ!

って言うのを聞いてましたが

回転寿司の人にとってはそこまでする

余裕はないのが現状です、、、

プロでミシュラン三星のお店となると

少ないお客様に丁寧に一貫ずつ

心を込めてお作りするのでしょうが

どんどんくるお客さんに

どんどん握らないと間に合わない

対応となると実際はお寿司の形がそれなりに

完成したらOK的になりますね〜集合している人たちのイラスト(寿司)

味は正直変わりません

むしろシャリロボットの方が

間違いなく程よい握りをたくさん作れるんです

悲しいですが人間って結構

曖昧で

いい加減な生き物です!

が、人間味や会話は

ロボットには負けないと思います

実際の常連さんからいただくお声で

「人が握ったのとは全然違うよ」

って言ってくれるんです。

こんなことを言われたときは

純粋に感謝の気持ちが湧いてきます

のどぐろ

高級魚で有名な「のどぐろ」(赤睦)です

北の方では「金目鯛」が似たように脂が

のって人気ですね

当店では処理した後

(三枚おろしの後に骨抜きまで)

皮に塩をして軽く炙ります。

軽くが大事で炙りすぎると剥がれちゃうんです

皮が旨くて大事です。

そして注文を受けてから提供する際も

再度、皮目を炙って提供します。

こうすることによって

  • 脂が浮いてきて照りが出る
  • 香りが立ちいい匂いがする

んです。

そして今日もレーンポップを作成!

こんな感じでプリントアウトしました〜

腐らせていただく!

昔は冷蔵庫なんてないので皆で考えます

どうやって飢えをしのごうか

毎日買いに行ったり取りに行ったり

することも大変です。そこで保存食を

  • 考え出し
  • 味見をし

いけると思った時からがスタートです

過去の先人たちは命がけで後世に

伝えてくれてるんです。料理を失敗した人のイラスト(男性)

その時は生きるために必死ですから今の

時代では感じにくいことです。

体験をしようと思えば現在だと

  • 1人キャンプ
  • 1ヶ月1万円生活

とかやってみたら体感できるのでは

ないでしょうか?

私は個人的にバーベキューが好きなので

庭で炭を起こすのですがバーベキューのイラスト「親子でBBQ」

最初の頃は着かなくて苦労したのをよく

覚えています。体感しないとわかりません!

🍣大とろは捨てていた!

昔は赤身の部分だけいただいていました。

大トロの部分は脂が強くすぐに痛むんです。

脂が多いと酸化して色が茶色っぽくなります

味も酸っぱくなるし食べれたもんじゃないです

こうなると炙りもせずにゴミ箱行きですね

諸説ありマグロの解体のイラスト

ちなみに「マグロ」はすぐに真っ黒になるから

「真黒」→「まぐろ」になったとか聞いたこと

があります

高級な理由

前回手間をかけて

その一口に心を込めて作った理由を

お伝えしましたがもう一つ!

鮮度が大事なこともあり希少価値があるので

短い期間した食べれない

という理由もあるようです

価値はどんどんあがり高度成長期には

お店に入っても『時価』

って書いてあるだけで

  • 「何円なの?」
  • 「怖くて入れない〜」

って時代だったのでよほどバブリーな

人しか入れないイメージでした。

回転寿司ができた

瓶ビールの製造のコンベアをヒントに

最初は作られたそうです。

今では普通になってますが

よくコンベアを回してこの上に

お寿司をのっけて回そうなんて発想が

できましたよね〜

いまだにお子様は注文したのより

流れているのを取りたい〜

って楽しんでくれてます。

ですので注文を受けたら、その子の

前にわざと流してあげるんです。

せっかくだから楽しさを共有したいです

もんね!

自分がその子だったら思い出になれば

それはそれで嬉しいし

私はずっとこのベルトにお世話になっているので

とてもありがたい存在となってます

まとめ

生で食す文化は昔は日本朝鮮半島だけだった

という歴史を聞いたことがあります。

しかしお寿司の文化が認められて今では

世界各地で生のお魚を食べるようになりました。

美味しさにみんな気づいたんですね〜

実際、世界的には

調理 = 火を通す

っていうのが万国共通らしいんです

そして生のマグロをあの人口が多い中国人まで

食べるようになったらそりゃ価格が上がります!

なるべくしてなったのでしょうが、、、

食べるな!」とも言えませんからね

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

マスハマ

1975年10月25日生まれ。何もないことで有名な島根県民。そんな訳で?家族が離散し娘と二人暮らしの生活【店長、ブログ、YouTube兼任おやじ】

-お寿司

Copyright© 不死(父子)家庭やらなきゃブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.