https://www.youtube.com/channel/UCURsDYjWWEbMvAJLllYp7tw

飲食店

2月3日は節分。節分てそもそも何?恵方巻っていつからやってるの?

  1. 挑戦ブログ >
  2. 飲食店 >

2月3日は節分。節分てそもそも何?恵方巻っていつからやってるの?

恵方巻の売り上げのために外回り営業を

今年もやって参りました。

2月の頭と言えば節分ですね!

当店はいつから始めたのか覚えていませんが

入社した1997年は恵方巻の太巻販売は

全くやってませんでした。

夏の土用の丑の日うなぎの蒲焼や白焼きなど

2005年くらいはやってた記憶があります。

うちの子供の保育園に営業に行って

園長先生や保育士さんたちに協力してもらって

売り上げを作ったのを覚えてます。

当時もわかりやすいチラシを作って

宣伝してました。

田舎なのがいいのか?知り合いから

買ってもらうのは間違い無いですね。

お互い様って感じで協力してくれます!

2月3日です!今年も痺れた〜

こちらが令和2年の今年の伝票の数です。

実は当店では毎年2/1.2.3と

三日間行ってますので1.2とも

注文がありますが、

やはり3日が一番多いですね。

この伝票の数は一部です。

開店するのが11時ですが

11時〜16時までの伝票で、

一番多い17時から後は貼るところがないので

伝票が減って来てから又貼り付けます

沢山の注文を頂けるのは23年間と長年営業を

やらせていただいているおかげも

あるかと思います

もちろん量が多すぎるので

エクセルでデータを取ってそれに

基づいて作成します。ちなみに

  • 1500円以上のご注文は300円クーポン、
  • 3000円で500円クーポン、
  • 5000円で1000円分のクーポン

進呈してます。

ですのでこれもエクセルで出すので

慌てずにギリギリまで作成できます。

いや〜ホント

エクセルって便利ですよね。

以前はパソコン自体苦手意識ありましたが

勉強するだけ世界が広がって

自分にも自信がつくし、

可能性が増えるので仕事も楽しくなりましたね

おーい!恵方巻の話わい!!!

売り上げを作るのに行動したこと

この節分の日ってほぼ皆さん

夜はお家で食べるのでこの売り上げを作らないと

当日の売り上げが決まってしまうんです。

毎年大晦日にはチラシを用意して

お持ち帰りの袋の中に入れて意識づけをし

先手を打つのですが今年は一足遅く

チラシができてしまったので不安でした。

そう言えば昨年の平成31年の2/3は日曜日

恵方巻より来客もあり

中途半端な売り上げになってたんです。

それに気づかずに私は

最近の傾向から年々注文が減ってるから余裕でこなせるでしょ

って思っていたのですがフタを開けてみれば

あれ?昨年より断然多いっす

昨年のデータを見ながら

注文を打ち込んでいくのですが、

明らかに昨年より注文が多い!

昨年の日報を見てみると、

巻物を作れる従業員は人数もいたことから

「朝8時に出勤してもらって11:30には終わりました」

と記入されてます。

なので「まぁ大丈夫でしょ」

と思ったまま当日のワークスケジュールを

作成しましたが全然追いつきません。

作成だけならまだしも

  • 包む
  • 切る(ハーフサイズ)
  • 確認
  • 袋詰め
  • クーポン入れたか確認
  • レジ

、、、と工程が多いんですね。

ですからお客様が取りに来るのが

重なってしまうと わや(ひどい状態)

になるんですね(わや は方言です

そこは落ち着いて対応します。

なのでホールもバタつきました

私は従業員が出勤した時には

シャリを用意しておかないといけないので

作成時間と逆算して出勤はAM5:30です。

釜が2個なので1時間に2本ずつの

最低でも6本(4.5kgが)要ります

当日予測量は12,2本ですので

あとは作成しながら炊き上げていく予定。

でも作成に集中してしまって

炊くタイミングが遅くなり一時

手が止まる事態になってしまいました。

結局店長の私は休憩できずの夕方 5:30と

丸半日作業となりました

主に従業員様のおかげなんです

そして今年も痛感しました。

伝票を見てみると従業員のサインが沢山あります。

そう、皆さん個人で動いて外営業をしてくださって

注文をもらって来てくれるんです!

プライベートでお付き合いのある

  • 車屋さん、
  • 食べにいくラーメン屋さん、
  • 親、
  • 兄弟、
  • 親戚、
  • ご近所さん

など。私もせっかくお付き合いのある

業者さん(酒屋、ゴミ回収屋、お米屋、魚屋

などなど周ります。

だって普段はお金を渡してる方なので

こういう時は協力してもらいたいですもんね。

近くにできた某百円寿司

開店当初の1996年はお客様は

ジャンジャン来てくれてましたが

(当時回転寿司は珍しかったので)

時代の流れで安い百円寿司が近くにできた

こともあり正直影響あります

人口も減って来ていることもあってか

来客は減りつつあるので働く側にとっても

来客が多い時は心から嬉しそうに働いてくれてます

でも私が

FLコスト(F フード食材、L レーバー人件費)

コントロールしているので

実際は利益出てるんです。

周りの人達からしたら

あの店やばいんじゃない?

って心配されてるみたいですが、、、

噂って怖いもんで

店長さん。辞めるって本当ですか?

っていう人も何人かいましたし。。。

仕込み、準備

それはさて置き

巻寿司の具材が結構な量になるんです。

前もってレシピ(メニュー基準表)

を用意して、これもエクセルで計算式が入っている

ので予測量を打ち込むだけで

仕込み量が出てくれます。

今回は予測を大きく超えたので

各種類のシールが足りなくなったり、

入れる具材が足りなくなり

買い出しにいく羽目になったりとバタバタ!

よくいう交通事故になりそうになって

慌てる一瞬は覚えてるけどすぐに

忘れちゃうってあると思います。

長年私はこの仕事を経験しているので

バタついた後に忘れないうちに

データを残します

来年は同じことを

しないようにこうしましましょうね!って

節分って?

自分に自信を持ちたい気持ちと

将来的に自分のお店を持つとしたら必要!

と思い

ユーキャンで調理師免許を取った時

に学びました。

その時に知ったのですがみなさん

 

「節句」(せっく)ってご存知でしょうか?

古代中国から由来したもので

季節の節目に食べる風習とのことです。

  • 1月 1/7  (七草粥 ななくさがゆ)
  • 3月 3/3 (菱餅 ひしもち)
  • 5月 5/5  (柏餅 かしわもち、ちまき)
  • 7月 7/7 (そうめん)
  • 9月 9/9 (栗おこわ、菊酒)

があります。

おそらくほとんどの方は知らないですよね

  • 五穀豊穣、
  • 無病息災、
  • 子孫繁栄

などご先祖様たちが考えてくれて

できていたようなのです

節分は (節目を分ける)

2/3ですが暦の上では2/4から春ですよね。

春が一年のスタートとして

節目を祝うのは節分だけ残っているようですね

→  皆が思うこと

まだ体感が真冬じゃん、、、

鬼って見えないの?

「鬼は外、福は内」

って小さいころに一度だけ

ここぞとばかりに親父に向かって

おもいっきり投げつけた覚えがあります

鬼は恐らく

悪いもの →   邪気

を追い払うっていう意味で

ウチの玄関でやってた覚えがあります

ウチの親父はめんどくさがりなのと、

すでにお酒が入って

それどころじゃない感じなので

鬼役をほぼやって

くれませんでした。 だから毎回誰もいない

空気に向かって豆を投げる私は子供ながらに

『鬼ってどこにおるん?』って呟いてましたね

恵方巻って?

巻き寿司を作る板前のイラスト

諸説あるそうですが、

商売上手の大阪が発祥というのは

聞いたことが多いとおもいます

最初は「丸かぶり」という感じで

やっていたそうですが、

今でいうバレンタインチョコのように

経済効果を考えてと思います

今では「恵方巻」と神様にあやかってより

広がったみたいですね

巻寿司(子供は細巻きでOK)  →   は福を巻き込むように!

切らずに食べる →   縁を切らないように!

喋らずに食べよう →   福が逃げないように! (願い事をしながら食べきる)

方角って?

・方位磁石の画像

正直言ってどこかのお坊さんのお偉い様が

決めているイメージ?!

を勝手に思っていたのですが

実際は

ココがポイント

東→西→南→北→南

を繰り返しているだけだそうです

この方向に 「歳徳神さま

がいらっしゃるそうで

神様の方(恵方)となるそうです

ちなみに

東北東 →  西南西 →  南南東 →  北北西 →  南南東

となり 南南東は2回ありますね

毎年お店で沢山売ってましたが

全然知りませんでした、、、

まとめ 季節ものをいただこう!

楽しそうに食事をする家族のイラスト

旬の食材って体にとっていいの?

理由としては

一番栄養価が高い時期に収穫するから」

良いそうです!

日本には四季もありその時その時の

季節感も感じることも楽しいですもんね。

生きている今こそありがたく頂ける食事には

感謝の心を忘れたくないですね

御馳走

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あつし

1975年10月25日生まれ。何もないことで有名な島根県民。神が宿る島根、髪が宿らない私【飲食店の店長、ブログ、YouTube兼任のおっちゃん】

-飲食店

Copyright© 挑戦ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.