https://www.youtube.com/channel/UCURsDYjWWEbMvAJLllYp7tw

思い出

フランダースの犬の歌|ラララ〜ラララ〜の次ってなんて言ってるの?

  1. マスハマブログ >
  2. 思い出 >

フランダースの犬の歌|ラララ〜ラララ〜の次ってなんて言ってるの?

フランダースの犬って子供の頃テレビで見ました

 

最初に出てくる画面が

カルピスこども劇場

って最初に書かれてますね(カルピスの歴史も古い!)

有名な宮崎駿さんも参加していたそうですが

僕はゴミみたいな作品、、、」

と評したとか

世界名作劇場の枠内では

最終回の視聴率30.1%は最高記録だそうです。他にも

  • 母を訪ねて三千里
  • あらいぐまラスカル
  • トムソーヤの冒険

は有名どころですね!

最近は見なくなりましたが

泣ける名場面の特集でいつも取り上げられる作品です

子供と動物の愛を感じさせるこの作品。

子供の頃の思い出

想像 思い出

私も実際に子供の頃

犬を飼ってとても可愛がってました。

ある日突然家の中からそとに

飛び出して道路に出た途端、

トラックに轢かれて目の前で死んでしまいました

小学4年生の私にとっては

とてもショックで涙が止まりませんでした。

次の日学校に行っても一日ぼんやりしていたのを

鮮明に覚えています。

しかしその分生き物の尊さ、大事さを目の当たりにして

学んだことは多く、生きていく上での

思いやりや楽しさを

大事にすることを学べたと思います

 

原作は

「フランダースの犬」の画像検索結果

イギリスの女性作家、ウィーダ(芸名)

→ マリー・ルイーズ・ド・ラ・メー(本名)

本名のルイーズをウィーダと

発音していたそうです。(全然違うじゃん!)

ベルギーのフランダース地方の

アントワープでのお話ですが、

旅行でいかれたことがある場所だったそうです。

原作は少年のネロは15歳、アロア12歳と

もっと大人びた設定のようですが

日本の漫画ではネロ10歳、アロア8歳になってます。

中学3年生と小学6年生は確かに

微妙な感じですよね。

さすが日本的なはからいと思います。

あそこだけオランダ語!

「ランランラン」「ランランラン」

zingen ✖️2(ズィンゲン)→「歌う」

kleine(クレイヌ)→ 「小さい」

vlinders(ヴリンダース)→ 「蝶々」

歌う、歌う、小さいチョウチョ

だったんですね。

調べるほどではないと思って

「なんて歌ってるんだろう?」

くらいで思ってましたが正直、英語かと思ってましたが

グーグル翻訳で調べたところすぐに出てきました。

さすがグーグル先生

いつもありがとうございます!

そして、、、

ミルク色の夜明け

見えてくる真っ直ぐな道

忘れないよ、この道を

パトラッシュと歩いた

空に続く道を →   (えっ 天国ってこと!?

私が生まれた1975年に最初の公開

見ていた記憶がありますが1975年の

1月から12月の放送だったらしいので

おそらく再放送を見ていたんですね。

他にも

  • 「まんが日本昔話」
  • 「一休さん」
  • 「ゲゲゲの鬼太郎」

なんかも再放送たくさん見てました!

どれも名作で

人生の教訓、

対処法、

人様に迷惑をかけないように

など自然とインプットされたように思います

ほのぼのが多く見えますが →   総合的には悲劇

悲しい

村で飼育している牛の牛乳を回収し

アントワープの街へ売りに歩くおじいさんとネロ。

街に出たおじいさんとネロは

金物屋の商品を引いて歩くパトラッシュと遭遇。

奴隷のようにムチで打たれるパトラッシュを

助けるところから

初めての出会いとなります。

虐待や飢餓のシーンもあるので

昔だったら普通かもしれませんが

今の時代に日本でコレを放送したら

クレームの嵐がやってきそうな内容ですね〜

ちょっと無理があるのでは?

途中で何度も自分の村

ブルッケン村からアントワープに

往復するシーンがあります

なんと!歩いても8時間以上かかっちゃいます。

朝、牛乳を回収して雨の日も風の日も毎日って、、、

暑い日なんかはチーズになってしまいそう

(調理師ですみません)

なんでも作者が旅行でこの辺りを回ったそうなんです

着ぐるみを脱いだ瞬間を見られた感じ!

結末は!!!

絵を描くのが好きなネロは

教会の聖母マリア様の前で感銘を受けました。

その後は細かくはお伝えしませんが有名な場面

最後にネロとパトラッシュが教会で天国へ召されるシーン

感情移入して泣けます!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フランダースの犬 ファミリーセレクションDVDボックス [ 喜多道枝 ]
価格:16500円(税込、送料無料) (2020/2/19時点)

楽天で購入

 

 

 

飢えと凍死だったそうです、、、

「ネロ!起きろ!」 →どっち!!!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

マスハマ

1975年10月25日生まれ。何もないことで有名な島根県民。そんな訳で?家族が離散し娘と二人暮らしの生活【店長、ブログ、YouTube兼任おやじ】

-思い出

Copyright© 不死(父子)家庭やらなきゃブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.