https://www.youtube.com/channel/UCURsDYjWWEbMvAJLllYp7tw

お寿司

マリンポリス系列「海都」に行ってみた|島根県大田市にある回転寿司

  1. マスハマブログ >
  2. お寿司 >

マリンポリス系列「海都」に行ってみた|島根県大田市にある回転寿司

お寿司屋さんを検索

同じ島根県でもとても広いですが

せっかくのお休みで遠出することにしたのでお仕事に関係する

お寿司を検索していただこうと思います。

島根県で登山と言ったらどこが有名なんだろう?

と以前私、個人的に登山が好きなもので

大田市の三瓶山に登ったことがあるんです。

その時に帰り道で目に着いたので寄ったところ

15時を過ぎていたようで準備中で閉まってました。

という訳で三瓶山の近くです!


しかし今回は13時過ぎとありもちろん開いてます

100円寿司は全国どこに行っても同じなので

せっかくならグルメにいきたいと思い見つけました。

マリンポリス系のお店『海都』かいと

って読むのかな?

イトヨリ鯛です!

白身で淡白なお魚です。見た目は鯛の仲間っぽくで

赤く横のラインに沿って黄色が目立つお魚。

一貫は紅葉おろしで、

もう一貫はレモンを搾りお醤油をつけてポン酢風

にしていただきます。さっぱりとして美味!

「イワシ」は脂のってますね!

地物かどうかと言われたら恐らく違うと

思いますが、でも美味しければいいんです。

生で頂くからこの脂がいいんですよね。

血液サラサラ成分、今日もゲットです!

上にチラッと見えるのはアラ入りのお味噌汁

汁自体は美味しかったのですが魚のアラに下味が

ついてなかったのが少し残念、、、

「厚焼き卵」!

自家製のようですね。熱々を提供して頂きました

箸で押さえるとお出汁が『ジュワッ』と溢れ出します

一口目お出汁の香りを堪能します。

そして二口目大根おろしと一緒に

三口目はおろしに醤油をつけて味わいます。

いや〜総合して旨かったですね。

たくさんの量はいらないので少量でもいいから

美味しく頂きたい年頃になって来たので

ゆっくりと和食を感じさせてもらいました。

です。他にも白身の「アイナメ」もいただきました。

大田市の港

大田市も浜田市と同様に港が大きいので

地魚が豊富です。やっぱり地物ってありがたいですね

店内を見回してみますとうちのお店と似た感じで

親近感が湧きます。マリンポリスって言うと

100円寿司を想像してましたが全然違いました。

高いお皿だと700円代のものもあります。

わかります! 本当に仕入れ値が昔に比べて高い!

うちのお店よりちょっと売価設定が高めでしたが

私の場合、原価が大体わかるのでこの売価は妥当ですね

食べに行った時間が少し遅かったのかお客さんは1組です。

レーンには少しだけ流れてました

乾き防止

ちょっと見えにくいかもしれませんが

お寿司の上にフィルムが貼ってあります。

なるほどこうやって乾くのを防いでいるんですね。


うちのお店も以前は従業員の意見として

乾くと捨ててしまうのがもったいないから

「フタをしてみては?」って言う意見はありましたが

フタはせずに、ねたをしっかりとみてもらいたい

と、経営者のこだわりを貫き通しているので

していません。その代わり加湿器をつけてなるべく

乾かないようにしていましたが、今はそれすらしてません。

今ではタイミングを見てお寿司を流すようにしているので

流し過ぎないようにして管理しています。

益田からだと約2時間かかりますがいい

勉強をさせて頂きました!

ごちそうさまでした!

まとめ

生きて行く上で食べて行くことは必然です。

より美味しく楽しく行くためにはやっぱり

食事に関しても知識を豊富に持っている方の

方が楽しく生きていけそうな気がしませんか?

味や食感、独特な香りなどございますし、

調理方法も知っていて損はないと思います。

自分だけの世界だけでなく、他人の知識や

仕事なども勉強や研究してみるの

楽しいですね〜

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

マスハマ

1975年10月25日生まれ。何もないことで有名な島根県民。そんな訳で?家族が離散し娘と二人暮らしの生活【店長、ブログ、YouTube兼任おやじ】

-お寿司

Copyright© 不死(父子)家庭やらなきゃブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.