https://www.youtube.com/channel/UCURsDYjWWEbMvAJLllYp7tw

お寿司

押し寿司を作る(バッテラ編)How to make oshi-zushi

  1. マスハマブログ >
  2. お寿司 >

押し寿司を作る(バッテラ編)How to make oshi-zushi

押し寿司とは?

お寿司といえばまず想像するのが

  • 握り寿司
  • 巻寿司
  • 軍艦

ですが、押し寿司も有名で以前お伝えした

お寿司の発祥のフナとお米を塩で漬け込み

発酵させて作ったのも押し寿司です。

今現在はほとんどが四角い押し型で

上から『ギュッと』押さえ込んだ

バッテラが主流ですね

バッテラの語源

バッテラの語源はなぜかポルトガル語の

小舟(バッテイラ)だそうです。

最初はコノシロのお寿司が小舟に見えたようで

そのうちコノシロからサバになったそうです。

ちなみに大阪が発祥とのことです鯖の棒寿司のイラスト

私が小さい頃に食べていたのはとても

酸っぱいイメージでしたが最近は甘くてとても

食べやすいですね

サバ缶の見どころは!

しかも健康志向でサバの脂が体に良いと

一時期は缶詰のサバ缶がスーパーの商品棚から

なくなる事態にもなったこともあります


サバ缶の種類も色々ありますが微妙に値段が

違います

どう違うのか?というと脂質の含有量が違うんです!

簡単にいうと血液サラッサラにしてくれるあの

脂ですね。イワシも有名です


よくよく裏の栄養成分表時を見ると、、、

黄色い線がそれです

確認しましたが安いのはこんなに入ってません。

少し高いのはそういうことだったんです!

せっかくならお薬と思っても体に良い方を

選んだ方がいいですよ〜

ちなみに私の好きなレシピは

  • サバ缶(水煮)
  • 塩胡椒
  • オリーブオイル
  • おろしニンニク
作り方

調理

  1. 小さな鍋にサバ缶とオリーブオイルを入れて火にかける
  2. 塩胡椒で味付け
  3. 最後におろしニンニクを入れる

コレだけです。

おつまみにもいいですがウチでは

カリッカリに焼いたパン(バゲット)にディップ

して食べるのが好きです。

子供たちもよく食べてくれますよ〜

バッテラを作ります

まずは準備です

お家に押し方があったら簡単に

できますよ〜

押し型

しめ鯖

しゃり(酢飯)150g

黒胡麻

大葉

ガリ

だけです

まずは完成した時に上にくる

サバをのせますが押し型のサイズを見て

あらかじめカットしておきましょう!

そしてサバをのせます

上にくることを想定して裏返しましょうね

カットした端材ももったいないので

のせましょう!

押し型にラップをしてあるのは

❶乾燥を防ぐのと

❷ラップの上から切りつけると形が

崩れにくいためにそうしてあります

あえてブルーの色にしてあるのは

切りつけた時に透明だと残ってしまう可能性

があり口に入ると嫌ですしクレームにもつながります

そしてシャリは全部入れずにまず

半分量を入れます(目方で OK)

最初に黒胡麻は混ぜておきましょう

そして大葉ガリを真ん中に入れます

この時に真ん中に入れて上下はしゃりがある

状態にしないと引っ付かないので

外れちゃいます

ガリを並べましょう

そして大葉(シソの葉)

そして残りのしゃりをのせます

簡単ですね

あとは残りのラップを閉じて

押しましょう!

思いっきり体重をのせても大丈夫!

そして均一に押したいので

180度回してもう一度押しましょう!

こんな感じになります

ではそのまま押し込んで抜き取ります

裏返すとこんな感じです

できました!

コレをカットして出来上がりです

今回のサバはしっかり押し込んであるので

ラップは外して切りつけます。

コレが柔らかいサーモンですと切る時に

崩れやすいのでラップをしたまま切りつけます

しかもサーモンのは場合は中にいくらを

入れているので出来立てはかなりの難易度が

あります。

寿司詰め状態は勘違い

私はこうやってギュッと押し込んでるので

コレ(押し寿司)が寿司詰め状態っていうのかと思って

ましたが『寿司の折詰め』のことをいうそうです

お寿司の形が崩れないように詰め込んでいる

状態で満員電車によく使われる言葉でした

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

マスハマ

1975年10月25日生まれ。何もないことで有名な島根県民。そんな訳で?家族が離散し娘と二人暮らしの生活【店長、ブログ、YouTube兼任おやじ】

-お寿司

Copyright© 不死(父子)家庭やらなきゃブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.