https://www.youtube.com/channel/UCURsDYjWWEbMvAJLllYp7tw

飲食店

巻寿司を作る(太巻編)How to make maki-zushi2

  1. 挑戦ブログ >
  2. 飲食店 >

巻寿司を作る(太巻編)How to make maki-zushi2

太巻とは

前回ご紹介した細巻きは比較的に

簡単な作業ですが、今回の太巻は

しゃりも多いし、

中に入れる具材も多いので

失敗することが多いんです。

しかし綺麗に出来上がった時の喜びは

ひとしおですし、完成を食べることも

また楽しみになってきます

一番想像しやすいのは節分の時に食べる

恵方巻

2月3日は節分。節分てそもそも何?恵方巻っていつからやってるの?


がありますね!

しゃりが『ぎゅっと』詰まってますから

意外と一本食べ終わったらお腹いっぱいに

なる方は多いと思います

準備
  • 巻き簾
  • 海苔(全型のり)
  • しゃり
  • 具材(お好きなもので何でもOK)
  • ビニール手袋

コレさえあれば簡単にできます

巻き簾も、ビニール手袋も

百円均一に売ってますので

安上がりで揃えれますよ〜

安い海苔であればスーパーで

寿司はね』って名前で売ってます

少し割れていたり、穴が空いてしまっている

状態だと商品にならないのではねられた

海苔のことです。

家で作るには十分でしょう!

手順

では早速参りましょう

今回は海鮮の巻物で試します

  • 海苔 1枚
  • しゃり500g

を広げます

前回と同様に上の部分は残しましょう

しゃりがはみ出したらブサイクですからね

そしてここが一工夫

ココがポイント

しゃりの上部は少し盛り上げておきます

そうすると具材を巻き込む時に

こぼれにくくなります!

ちょっとした裏技ですね

横から見たらこんな感じ!

コロコロ巻いていくとどうしても

中身の具材も回るのでここで

決壊しないように防ぎましょう

そして具材を並べます

家ではこんなに豪華な食材は難しい

ですが食べ応えはあります

やっぱり海鮮系は不動の人気ですね

一応中身をお伝えします

  1. 明太子
  2. マヨネーズ
  3. えび
  4. いか
  5. サーモン
  6. ホタテ
  7. きゅうり
  8. いくら
  9. たまご

が入ってます

では巻いていきましょう

コレも細巻きの時と同じように

一旦しゃりが無いところで止めて

残りをしっかりと巻いていきます

この時に最重要ポイントは

ココがポイント

しっかりとしめつけながら巻いていく

ことです。

コレをきちんと意識しながら巻かないと

切った時に巻寿司の具材が

中心にこないことがあります

周り全体がぐるっとシャリにならずに

一部だけしゃりが無い状態になると

ブサイクですし、バラけるおそれが

出てきます!

そして巻き終わった状態がコチラ

慣れてきたらどんどんできるようになります

私は個人的に普通の太巻きが好きですね

っていうのが具材の一つ一つの味が

わかりやすく主張してますし味わえます

  1. 桜でんぶ
  2. 味付け煮椎茸
  3. かんぴょう
  4. たまご
  5. きゅうり
  6. カニカマ

とどれも食べている時にしっかりと

口の中で感じ取れるところが好きですね

太巻を作る(裏巻き編)

続いては太巻きの裏巻きです

裏巻きとは

のりが外側じゃなくて

しゃりが外側にある状態です

よく見る創作のお寿司はコレが多いですね

カルフォルニアロールとかそれで

周りにとびっこ(飛び魚の魚卵)をまぶしたり

してあるアレです

そしてあらかじめするのが

裏巻きは巻き簾にラップを巻いて

用意しておきましょう!

しゃりが巻き簾にひっついてしまうので

たくさん撒く時は便利です

中身の具材は先ほどと同様です

上の写真ではわかりにくいと思いますが

具材は真ん中より少し手前

並べてあげましょう!

っていうのが巻き始めに具材が遠くなるので

手前から巻き込んでいく必要があります

コレも同様にきちんと

しめつけながら巻いていくことが肝心

巻きがゆるいと切った時にバラけます

私も何度も失敗したことがあるので要注意ですよ

そしてラップを巻いた巻き簾で

『キュッと』押さえてまとめます

ここでも軽く締める程度に押さえないと

しゃりが潰れてしまうので注意です

すぐに食べる場合は強めで良いのですが

少し時間を置くと締まってきますので

軽めでOK

そしてカットしていきます

海苔が内側にあるので裏巻きは比較的

切りやすいですよ〜

こんな感じになりました。

日本の食文化がお好きな方は

ぜひお試しください

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あつし

1975年10月25日生まれ。何もないことで有名な島根県民。神が宿る島根、髪が宿らない私【飲食店の店長、ブログ、YouTube兼任のおっちゃん】

-飲食店

Copyright© 挑戦ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.