https://www.youtube.com/channel/UCURsDYjWWEbMvAJLllYp7tw

飲食店

葉わさびで巻寿司を作り地産地消しよう!一時期しか出回らない島根県匹見町に感謝

  1. 挑戦ブログ >
  2. 飲食店 >

葉わさびで巻寿司を作り地産地消しよう!一時期しか出回らない島根県匹見町に感謝

地物は魚だけじゃないんです!

当店では鮮魚だけでなく

農作物も多い土地柄なので

野菜も使いたいなと思い

収穫がある時のみやってます

匹見の葉ワサビです!

ご存知でしょうか?わさび・山葵のイラスト

このワサビの上にできる

葉の部分の事です

葉ワサビを細巻きにします

今回は匹見産ですが、日原産(小京都で有名な津和野の近く)

も有名で毎年見られます。

ワサビって水が綺麗なところでしか

成長、生育しないそうですよ!

 

以前撮ったパソコンの画像で申し訳ないですが

こちらですね。

本ワサビが育つ間に咲く葉を間引いたものが

市場に一時期、出回るのでそれを買い

自家製で調理して提供するんです

ほんのいっときしか出回らないので

貴重ですよ!

準備(用意するもの)

調理

  • 大きめのザルとボウル
  • 粗塩
  • めんつゆ
  • 真空袋(家ではタッパorジップロック)

葉が大きいのでボウルは大きめが

いいです。

お湯を投入したら手早く切るので

ザルも一緒に用意しましょう!

お湯をしたら辛味が蒸気で上がり

目にきます。辛味が飛ぶ前に

とにかく手早くを心がけてください

調理

  1. 予めお湯を沸かし始めておく
  2. 葉ワサビを洗う
  3. ザクぎり
  4. 全体にをする
  5. 80度のお湯を投入
  6. 10秒数えてザルにあげる(少量の場合)
  7. 手早くサッと水で洗う(冷ます)
  8. 手で絞りめんつゆに入れてすぐに真空(タッパ)

日付を記入し一週間は持つ

保存

こんな感じで保存しておきます!

辛味が飛ばないように営業時はタッパに入れて

こまめに蓋を閉めて使うようにしてます

実際はほんのりピリ辛くらいで

市販で販売している辛さはそこまでありません。

上手にできたときはかなり辛い時もあります

清涼感ある辛味をどうぞ

ご堪能ください!

お寿司になりました

調味液に入っているので

軽く絞り細巻きへと進化します

こうやって半切のりに

温かいシャリをのせた時点で

海苔の風味がふうわり漂ってきます

そこに醤油漬けにした葉ワサビを

規定量の15gのせて

キュッと巻きます!

ドアップと近すぎました!

こんな感じで船の

寿司板に乗せたりしてます!

コレがありがたいことに

結構売れるんです!

流石に大手にはコレはマネできないんじゃ

ないでしょうか?

目指すは安さ!ではなく

『時価で出すような品質をこの価格で!』

を心がけてます

本日入荷の天然真鯛!

驚きのサイズでびっくりしました

 

親指しか見えないので『グッド』

に見えるかもしれませんが

小指が写っていないだけで

20センチの『長さ』を見てます

私の手の感覚で

合計85センチありました!

養殖と違い脂が強くなく

あっさりとした舌触りなので

たくさんいけます。

お分かりでしょうか?この肉質

ついさっきまで生きていたので

ビクビク動いてましたし、

身が透き通ってるんです

食べ比べたらわかりますが

天然と養殖は全然違いますよ!

天然を見たらお分かりですが頭の大きさが

養殖と違ってでかい!

出刃包丁で割るのですが硬いの何の!

画像はありませんがお腹の中から

ウニの殻が出てきたので

歯も相当強いんですね

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あつし

1975年10月25日生まれ。何もないことで有名な島根県民。神が宿る島根、髪が宿らない私【飲食店の店長、ブログ、YouTube兼任のおっちゃん】

-飲食店

Copyright© 挑戦ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.