https://www.youtube.com/channel/UCURsDYjWWEbMvAJLllYp7tw

お寿司

お魚の切りつけで同じサイズに切りつけていく方法

  1. マスハマブログ >
  2. お寿司 >

お魚の切りつけで同じサイズに切りつけていく方法

ネタを切りつける時に同じサイズにしていく

初めてサーモンやタコ足を寿司ネタに

切りつけていく時にどうしてもサイズが全部

同じにならない。。。

先輩たちはどうやって仕事をしているのか?

って不思議になりました

厚みの違うフィレをどうこなしていくのか?

教えてもらう時に一番最初は理解できませんでした

これは初めての方の『あるある』です

包丁の角度によって変わる

例えばウインナーを切る時に

上から真っ二つに切ると 真半分になり

切り口まん丸の切り口になります

しかし包丁を45度(右利きだと刃先が左上になること)

の斜めに切ると切り口楕円になります

そしてさらに包丁を倒して斜め切りにすると

長い楕円になります

これが理解できると切りつけの理解も

早くなります!

今回はYouTubeで動画を作成してみたので

よかったらご参考ください

包丁の切る方向は引いて切ることが

多いのですが

私は左上から切りつける時は(右利き)

押して切りつけるようにしています

その方がネタに負担が掛からずよじれないので

安定したネタを作れます

よかったら料理の際に

根菜(人参、大根)やウインナー、卵焼き

などでも飾りをしてみてください

また違った料理の楽しみもできるかと思います

本日もご覧いただきありがとうございました!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

マスハマ

1975年10月25日生まれ。何もないことで有名な島根県民。そんな訳で?家族が離散し娘と二人暮らしの生活【店長、ブログ、YouTube兼任おやじ】

-お寿司

Copyright© 不死(父子)家庭やらなきゃブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.