https://www.youtube.com/channel/UCURsDYjWWEbMvAJLllYp7tw

父子家庭

父子家庭で子供2人を育てていくという現実とは

  1. 挑戦ブログ >
  2. 父子家庭 >

父子家庭で子供2人を育てていくという現実とは

離婚

2018年6月に私は17年間という短い婚姻期間を終了しました

出会いからおつきあいになった期間含めて約20年間は一緒にいたのですが

呆気なく終わりは来ました

何気ない会話からも衝突が増えてきたり、お互いが理解し会えない状態が続いていました

離婚の原因は?

真っ先に身内からはこの質問をされます

「何があったんだ?」「原因はなんなの?」「なんでお前が?」

など話をしたくないけどこの一辺倒になります

元妻はほどほどにおしゃべりは好きな方でなんでも話をしてくれる方

だったのですが不仲が続くと口を閉ざすようになってきました

ですので正直最後に教えてくれる内容は曖昧なんです

唯一教えてくれた内容は、

過去の私の言葉で傷ついたことを一番の理由にされてました。

私もそのときは反省して謝っていたんです

しかし心の傷は癒えることはなかったそうです

それを聞いた私は「なんで今頃になってそれを言い続けるんだろう?」

と不思議な気持ちのまま結果終わってしまった感じになっています

ですから未だに私自信がわかっていないんですね

心の傷

その当時はお互いが理解し合えない状態なので

何を話してもぶつかるだけです

感情的になっているので何も伝わりません。

後になって痛感しますが

今までは一緒にいたのが当たり前だったのに

全くいなくなると言う生活自体が寂しくなります

あんなに賑やかだったのに、、、

あんなに共有と共感し合っていたのに、、、

どうして?

って何度も心の中で繰り返してしまいます

もう元には戻らないのに

体の傷は時間が解決することが多いですが

心の傷は簡単には消せません

そうは言ってもお互いで決めたこと

一方的に言われて決まってしまったこの離婚

そんな喧嘩状態がいつまでも続くとなると私の精神的にも辛くなるばかり

なので思い切って一緒じゃない生活を私も選択します

了解したと言うことはお互いで理解し会えたことになるので

正式に気持ちは離れることになります

別居という案を伝えましたが、何を言っても向こうは話にならない状態です

何よりも辛いこと

紙切れ一枚でそう簡単に終わらせたくないし、何よりも辛いことは

幼い子供たちがまだいて私のことを忘れてしまわないかどうかが

一番辛いことです

5歳と2歳の男の子はなんと言っても一番可愛い時期

ここだけは一番渋りました

何度もこれだけは譲りませんでした。

自分でいうものなんですが子煩悩な方なので一緒にいられないことが

信じられません

なので当時何度も言ったのが

「自分だけが出ていってほしい。でないと絶対に離婚届にサインはしないからね」

と強く願いました。

しかし結果的にはそんな荒れた彼女と一緒にいる方が

辛くなってきたので了解をしてしまいました

下の子供たちも大事ですが

自分と長男長女のの精神状態を優先します

楽しかった頃の思い出をつい、、、

見なければいいのですがどうしてもたまに見たくなるのが

長男と長女のの小さい頃の映像です

誰もが感じると思うのですが

初めての子供って印象が強く残ります

初めての経験だし、何をしたらいいんだろうと不安と楽しさとが

入り混じっている感じ

楽しい食事や遊び、

夜泣きやオシメの交換なども何から何まで全てが初体験です

それを見ながら飲むお酒は最高!と思っていましたが

その中でも楽しかった家族の姿を見ていると辛くなってきます

よく見ていた映像ですが見れなくなってしまいました

でも最近では辛いからと言ってそれはそれで事実なので

あまり感傷的になるのは無駄なエネルギーと思うようになってきています

お酒の量が増えてしまう

元々がお酒が好きなので仕方ないのですが

やっぱり増えました

どうしても増えると胃腸にきます

  • 吐き気だったり
  • 朝は頭が重くなる
  • 肝臓が弱ったせいか前進がダルい

すると仕事にも影響していきます

店長という管理者なので現実が辛くても従業員さんにも

お客さんにも関係ありません

そんな弱い状態を見せ続けることは賢くないですからね

しかしお酒の量が増えたのは事実です

家のローン地獄で将来が不安

将来一緒に過ごして楽しい生活を夢見て購入したマイホーム

私が75歳までのフラット75にして毎月の支払いをし続けるローン

しかし一気に3人もいなくなってしまった一軒家

それはそれは寂しいの一言!

長男が卒業して長女も高校を卒業したら必ず出ると言っているので

間違いなく一人暮らしになってしまいます

こんな2階建ての持ち家で一人暮らしなんて必要ありません

範囲が広すぎて稼働するにも時間がかかるし

掃除が大変です

自暴自棄になっています

でも生きていく

ジョギング

 

しかしここで人生が終わったわけではありません

私だってもっと楽しく生きていきたい

仲間たちと何気ない会話だったり、大好きな映画を観たり

美味しい食事やお酒を飲んでいきたい!

って思います

確かにこの気持ちの穴埋めをするのであれば一番いいのは

新たな女性を見つければいいのでしょうが

私にはすぐにそんな気持ちには到底なれません

正直結婚した時点で『一生この人』と思って疑わなかったので簡単に

次へとはなり得ませんでした

人間なんで(あいだみつお)感情は簡単に拭えません

悲しいものは悲しいんです

しかし心の中で「いつまでもこんな気持ちでいても前進できんよね」

って思うようになります

  • 高校一年生の長男
  • 中学一年生の長女

2人をどうにかしてでも健康に育て卒業から就職まで私の力で

育てあげることになるのでいつまでも挫いていては彼らにとっても

不安にさせてしまいます

職業柄私は料理はできるので食事に関してはどうにかなります

しかし、朝起きてからはすぐに

洗濯物の取り込みから洗濯をする

それをしながら朝ごはんと長男は高校生なのでお弁当を作ります

当時は心の中で正直お先真っ暗な気持ちにもなりました、、、

振り返って

やったー

今では長男も無事に卒業から就職に至り

なんとかやっていけるんだと私自身に自信がつきました

自分はやればできる!

と信じていろいろなことにも挑戦していこうと誓います

今は子供1人を育て中ですが気持ち的にもひと段落してきたので

今度は新しいことに挑戦しようと思っています

今までお世話になった会社ですがそろそろ独立をしたいと思うように

なってきています。

もちろん会社には失礼のないようにしていこうと思います

20年以上この仕事と付き合ってきているので自分には向いているのではないでしょうか

人生の折り返し地点を過ぎれば悔いのないように生きていきたいと強く思います

私の人生もっと楽しんでやることが何よりの復讐

になると闘志を燃やして今は生きています

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あつし

1975年10月25日生まれ。何もないことで有名な島根県民。神が宿る島根、髪が宿らない私【飲食店の店長、ブログ、YouTube兼任のおっちゃん】

-父子家庭

Copyright© 挑戦ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.