父子家庭

若い頃は汗を流して、歳を取ると涙を流し始めた46歳

 

ん〜 いい匂いがする

と思ったらコロナで学校が休みの中課題を与えられたらしく

料理を作ってくれています

あれ?もしかして晩御飯作ってくれるの?

って聞く

娘は黙々と作ってる

ソファに座ってビールを飲みながら思う

そういえば以前、妻が作ってくれていた頃以来だなぁ

そう、私以外が家で料理をすることなんかありません

 

娘が学校の課題で夜ご飯を作ってくれた

 

食べ終わった後に

家族の感想書いてや

って言われます

食事は上手にできとります

そして私の感想がこちら

シンプルに美味しくいただきました。

バランスよく

  • 白米
  • 味噌汁
  • ハンバーグ
  • サラダ

とまとまった料理で初めて作ってくれた献立に少し感動しました

結果というより挑戦してみることがとても大事で「ありがたい」食事となりました

ごちそうさまでした

といった感じ

自分が学生の頃だったときの気持ち

親になってみて感じる気持ち

家族がいてこそ感じることができるこの気持ち

ありがとう

些細なことでも相手の気持ちを感じると感情的になる

 

気づいたこと

歳をとると涙ぐみやすくなるだね

いつもは与えていく側

普段は与えてもらえないからこそ感じる

  • 生まれて間もない頃
  • ハイハイして近寄ってきてくれていた頃

思い出すと

大きくなったなぁ

としみじみ感じる

話す内容もしっかりしてきたで

成長を感じる今

ワシもまだまだ人間的に成長するで

んで、挑戦し続けるで

頑張る人はいい

-父子家庭

Copyright© 成せば成り得るブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.