https://www.youtube.com/channel/UCURsDYjWWEbMvAJLllYp7tw

飲食店

魚のホホ肉をいただこう!捨てる前に「ちょっと待った!」料理

  1. 挑戦ブログ >
  2. 飲食店 >

魚のホホ肉をいただこう!捨てる前に「ちょっと待った!」料理

おっと今日はイシダイが入荷したんだね〜

と朝から久しぶりに鮮魚との出会いです

コロナ禍とありお客さんが少ない状態ではありますが

仕入れないとお客さんも寂しいですもんね

お魚好きは地魚がいただきたい!

って声が聞こえてきそうです

耳鳴り

そういえば?

こいつがイシダイ

身質の特徴は

  • 歯応えがある
  • 身が薄い白身

って感じ

そしていつも通りに調理をしていきます

お前の頭を割ってギタンギタンにしてやるわ〜

と言いもしないし

思ってもいません

そして気づきます

そういえばいつも当たり前のように魚の頭って捨ててるよな〜

可食部ってホホ肉があります

煮込んでしまえば目の裏だったり

頭肉(頭のてっぺん部分)もあるのでついばめます

しかし1匹だけでそれほどの量じゃないし頭もそんなに大きくない

んじゃホホ肉だけ削いでやろう

と思いつき実践です

やってみよう!

こうやって際の部分を包丁で切り

ガイドラインを決めてやります

そして少しずつ開いていきましょう

おっと

見えてきた

オープン!

こんな感じになっとります

んで身が残らないように削っていきましょう

取れたぜ〜

筋が多いようです

握り寿司にしてみた

左はえんがわ

どの魚にもありますヒレの筋肉『えんがわ

特によく動かすのでしょう

えんがわはちょっと大きめです

アジ、鯖、鯛、ブリなどよりも大きめ

もちろんヒラメやカレイの方が大きいですけど

イシダイやこしょう鯛なんかも大きめです

醤油をたらしいただいてみます

えんがわは申し分無し

コリッコリ

の珍味です

そして今回の主役ホホ肉は?

硬い!

さっきの画像で見えましたがやっぱり筋が強い

んじゃ炙ったろうかい!

ん〜〜〜

香ばしくなって香りもいいね〜

ん〜

まだ硬い!

というわけで今回気づいたのは

何がわかった?

ホホにくは両面から

隠し包丁を入れる

が正解の模様

もしくは火を通していただいたら間違いなさそうですね

頭の肉なので臭みがある?かと思いましたが

そんなことありませんでした

やっぱり

やってみなきゃ分かんない!

実行 終了!

今回は以上

では!!!

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

あつし

1975年10月25日生まれ。何もないことで有名な島根県民。神が宿る島根、髪が宿らない私【飲食店の店長、ブログ、YouTube兼任のおっちゃん】

-飲食店

Copyright© 挑戦ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.