https://www.youtube.com/channel/UCURsDYjWWEbMvAJLllYp7tw

食生活

羽付きギョウザを作るのに失敗しない方法とは?

  1. マスハマブログ >
  2. 食生活 >

羽付きギョウザを作るのに失敗しない方法とは?

市販の餃子をパリパリにして食べたい!

 

テレビでよく拝見する羽付き餃子ってパリパリで美味しそうですよね

仕事柄料理は毎日するし家でも料理するのが好きな私はすぐに試したくなります

そして作るときにいつも心がけるのが

  • 手間をはぶいて
  • 簡単に
  • 時短で

を気にしてしまいます

なるべくシンプルに作ってあっという間に完成して美味いっていうのが理想です

しかしそんな簡単にはいきません

昔から下処理って大事で手間を省くと味に影響してきます

なので私な何度も失敗してきました

今回の羽付き餃子は

「パリパリにするなら片栗粉でしょ」

って安易に考えて作ってみます

すると ねっちゃねちゃの ドッロドロの仕上がりに!

もちろんため息をつきながら無理して食べてしまいます

今度こそ失敗したくないのでググって調べます

小麦粉と水で溶く

するとなんと小麦粉なんですね〜!

まさかと思いましたが間違いありません(米粉でも可)

小麦粉と水の割合ですが

1:10

の割合です

小麦粉1の水が10

なので大さじ1(15g)で水は150gって覚えたら間違いないでしょう

ではレッツクッキング〜

手順

簡単にご説明します

  1. フライパンに油を引く
  2. 温まったら餃子を並べる
  3. 1分焼く
  4. 水溶き小麦粉を回し入れる
  5. フタして3分
  6. フタを開けて焼け具合を確認してごま油を回し入れる
  7. 焼ける音が細かくなってキツネ色になって剥がれるのを確認する
  8. お皿をフライパンにかぶせてひっくり返す

出来上がり

とこんな感じです

小麦粉がのり状になっているはずなのでそれがパリパリに焼けるまでは待ちましょう!

早く上げてしまったらまだベトベトなのでお気をつけください

デジ計り

私がよく使うのがデジタル計りです

これは本当に便利で

  • 大さじ、小さじ
  • 計量カップ

もいらないし洗い物も減らせます

鍋ごと計りの上に置いてゼロにするボタンに設定し量っていくだけ

これだけなのでほんとに便利


タニタさんは間違いないです

場所もとらないし調理場には必須器具の一つです

そんなに高いものではないですからね

アナログの計りだとどうしても時間が経つと狂って来たりします

あれが嫌なんですよね

冬の私は毎日コーヒーを落とすのに使っています

5g違うだけで味が全然違いますよー

分量が大事

料理は分量で仕上がりが全然変わります

味付けから風味も全然違うので特にスイーツなんかは必ず失敗するのがオチです

昔私がやった失敗はチョコレートを湯煎にしている最中に雑に扱ってしまったため

ほんの少しチョコレートの中に水が入ってしまいました

もうダメです

このほんのちょっとが全てをダメにしとても食べれたもんじゃなくなります

女子は経験者が多いのではないでしょうか?

日々のお弁当の後処理

料理の世界で働かれる方はもちろん言われることだともいますが

料理は片付けまでが料理です

なんて聞いたことがあるんじゃないでしょうか?

これを聞くと私はいつも思います

『料理は料理で片付け(洗い物)は別でしょ』

思うだけで実際に声に出したことはありません

そして毎日のことですが今朝ももちろん娘の弁当作りです

たまに娘が洗い物をしてくれる時があり助かりますが大半は私です

昨晩のことです

これは洗っている最中に撮りましたが

娘が油が残っているフライパンとオーブンの中にお弁当と水筒を入れてやがる!

『このバッキャロー』

とは言いませんがさすがに注意しました

「フライパンの中に入れるくらいなら最初からいれんといて!」

です

洗う回数が倍になりますよね〜

苛立ったので2回も言うたりました

そんなのをよそ目に娘は笑っとります

上の青い矢印は見にくいと思いますが最近私がやっているアミですね

排水を汚したくないのと排水パイプがつまらないようにするために

  • 三角コーナー
  • 排水口

の2つにするようにしてます

こうすると頻繁に交換できるので汚れも溜まりにくくなるし

先々に排水管が詰まったらそれこそ大変ですからね〜

排水の方の網は目が細かいのでキャッチ力半端ないっす

オススメです

そしてよく洗い残しがあるところ

でーす〜よーねー

毎日ですが入念にやっとります

結果は

終わったときに気持ちまでスッキリする瞬間です

今日もお疲れ様でした

トマトの丸かじり旨かったっす

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

マスハマ

1975年10月25日生まれ。何もないことで有名な島根県民。そんな訳で?家族が離散し娘と二人暮らしの生活【店長、ブログ、YouTube兼任おやじ】

-食生活

Copyright© 不死(父子)家庭やらなきゃブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.